SCORE CARDBACK NUMBER

今季注目はベッテルを軸としたフェラーリ勢力の逆襲にあり。~史上最多レース数で勢力図は変わるか~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/01/15 16:30

今季注目はベッテルを軸としたフェラーリ勢力の逆襲にあり。~史上最多レース数で勢力図は変わるか~<Number Web> photograph by AFLO

昨季、ベッテルは表彰台に13回上がりマレーシア、ハンガリー、シンガポールで勝利した。

 '16年シーズンは史上最多の全21戦が予定されている。7月と10月は“月間4GP”、2週連戦も6回あるハードスケジュールだ。チーム側の要望で恒例の夏休み期間は確保され、8月のリオ五輪開催中はファクトリーもシャットダウンする。しかし非常に多忙な年となるのは必至。ドライバーだけでなくメカニック達も体調管理が重要になってくる。

 昨年復活したメキシコGPが成功し、今年は初めてアゼルバイジャン共和国のバクーで「ヨーロッパGP」が6月に行われる。日本にはなじみのない国だが資源に恵まれ、中東ドバイのような超高層ビル群が林立するバクーでの初F1は序盤注目の一戦となるだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

フェラーリ
メルセデス

F1の前後のコラム

ページトップ