SCORE CARDBACK NUMBER

ペイサーズが取り戻した、スーパーマンの“マント”。~1人の選手の復帰でチームにパワーが~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/12/20 16:30

ペイサーズが取り戻した、スーパーマンの“マント”。~1人の選手の復帰でチームにパワーが~<Number Web> photograph by Getty Images

バスケットを本格的に始めたのは高校生から。NBA入りして3年目にオールスターに出場。

 世間は忘れっぽくできている。たとえオールスター選手であっても、たった1年余り表舞台に立たないだけで、忘れられた存在になってしまうのだ。

 ポール・ジョージ(インディアナ・ペイサーズ)の場合もそうだった。攻守でレブロン・ジェイムズに対抗できる選手と評価され、'14年夏にはアメリカ代表候補に選ばれながら、8月のエキジビションゲーム中に右足を骨折。昨季はシーズン終盤の6試合に出場しただけというほぼ1年のブランクのために、いつの間にか忘れられた存在になっていた。

 だから、今シーズンを前にジョージが「今シーズンはMVPになりたい」と宣言したとき、インディアナ州の外では、本気に受け止める人はほとんどいなかった。故障からの復帰には時間がかかるものだという先入観もあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ポール・ジョージ
インディアナ・ペイサーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ