SCORE CARDBACK NUMBER

PGA最終プロテストで投げかけられた警鐘。~プロコーチが“敢えて”の受験~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byShoho Mitamura

posted2015/10/04 06:00

PGA最終プロテストで投げかけられた警鐘。~プロコーチが“敢えて”の受験~<Number Web> photograph by Shoho Mitamura

プレ予選から延べ1000名が挑戦。ボーダーラインは5オーバー。49位タイまで55名が合格。

 今年の最終プロテスト(9月1日~4日)では2つの大きなトピックがあった。

 まずひとつは、受験した選手の中に40歳以上が13名いたこと。最高年齢受験者は54歳。50歳から出場できるシニアツアーに挑戦したいというのが受験動機だった。

 一昨年、サラリーマンでアマとしてプレーしていた田村尚之が49歳で合格し、現在シニアツアーで活躍していることにも触発されたという。54歳の受験者は惜しくも1打足りず、不合格となったが、最高齢では49歳の寺西明が合格した。


 もうひとつメディアを驚かせたのが、プロコーチとして活動し、書籍・ビデオなどでも人気を得ている中井学(43歳)の受験だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。
田村尚之

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ