Number on NumberBACK NUMBER

西武の強力打線。~ここまでの得点ペースは、ぶっちぎりで史上最速~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/05/21 15:00

西武の強力打線。~ここまでの得点ペースは、ぶっちぎりで史上最速~<Number Web> photograph by Kyodo News

山川穂高は1991年11月23日生まれ。沖縄の中部商業、岩手の富士大学出身で、2013年のドラフト会議で2位指名を受け入団した。

 2018年のプロ野球は、パ・リーグでは西武が久々に優勝を狙える位置に立っている。'08年の優勝以来、ちょうど10年ぶりでパ・リーグ王者を狙える戦いを見せている。際立っているのは打線である。5月7日時点で、1試合平均で6.70得点を挙げており、これは歴代トップのチーム打率「.297」を記録した'03年のダイエーによる5.87得点を大きく上回っている。ダイエーは'05年にはソフトバンクになるわけだが、'03年に樹立した年間822得点は、パ・リーグの年間の得点数では歴代トップとなっている。西武はいま、年間900得点を上回るペースだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1962文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~
埼玉西武ライオンズ
源田壮亮
山川穂高

プロ野球の前後の記事

ページトップ