Number on NumberBACK NUMBER

スピードスケートの伸び幅。~コンマ何秒を削る極限の戦い~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto/JMPA

posted2018/03/14 16:00

スピードスケートの伸び幅。~コンマ何秒を削る極限の戦い~<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto/JMPA

高木美帆は、夏季と冬季のオリンピックを通じて、日本人女子で初めて1大会で金銀銅すべてのメダルを獲得した。

 平昌五輪のスピードスケートは記録の面からみても五輪史上に残るハイレベルな戦いだった。男女の個人種目、2人1組で滑る10種目の中で、男子1000mを残してオリンピック新記録が5種目、会場となった江陵オーバルの標高は約40mで、平地での開催だったから、記録が出やすい環境とは言えなかったはずだが、優勝争いはハイレベルだった。

 女子の個人種目では、日本の小平奈緒が優勝した500m以外の1000m、1500m、3000m、5000mで、すべてオランダ勢が優勝した。そして優勝したオランダの選手の五輪における記録の伸びは、大幅なものだった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ