NumberEYESBACK NUMBER

1時間50分の激闘を制し、
奥原がつかんだ東京への希望。
~日本人初の世界バドミントン選手権優勝~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2017/09/17 17:00

1時間50分の激闘を制し、奥原がつかんだ東京への希望。~日本人初の世界バドミントン選手権優勝~<Number Web> photograph by Itaru Chiba

準々決勝から3戦連続のフルゲームを制し優勝。観客席の応援に応える目には涙が。

 リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得してから1年あまり。8月21日から27日まで英国グラスゴーで行なわれた世界バドミントン選手権女子シングルスで、奥原希望(日本ユニシス)が初の頂点に立った。世界選手権のこの種目で日本人が優勝したのは史上初。全種目を通じても'77年にスウェーデンで開催された第1回大会女子ダブルスの栂野尾(とがのお)悦子・植野恵美子ペア以来、実に40年ぶりの快挙となった。


 リオの金銀メダリストを打ち破ってつかんだ栄冠だ。準々決勝でリオ金のカロリーナ・マリン(スペイン)を下すと、決勝ではリオの準決勝で敗れたシンドゥ・プサルラ(インド)との1時間50分におよぶフルゲームを制した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

奥原希望
朴柱奉
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ