本継!SPORTS BOOKリレーBACK NUMBER

『晩夏のプレイボール』美しく端正な文体で描かれる、“野球のある人生”の物語。 

text by

中村航

中村航Kou Nakamura

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/09/08 07:00

『晩夏のプレイボール』美しく端正な文体で描かれる、“野球のある人生”の物語。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『晩夏のプレイボール』あさのあつこ著 角川文庫 520円+税

 プレイボールの声と共に、モーターサイレンの音が響き渡る。

 これを書いている今は、まさに盛夏で、ちょうど百回目の甲子園大会が行われているのだが、清しく闘う球児たちの姿は美しい。彼らだってただの高校生男子であることはわかっているし、美化したり、妄想を押しつけたりしているわけではない。ただ、年を取れば取るほど、彼らのことを美しく感じる。

 甲子園という特殊な場所の、特殊な季節の、特殊なシチュエーションだから、美しく感じるのだろうか? いや、そうではない、ということが、この小説を読めばわかる。盛夏ではなく、晩夏のプレイボール、というタイトルがそれを象徴しているかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

あさのあつこ
中村航

高校野球の前後のコラム

ページトップ