ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

泥まみれだった、奇跡のシーズン。~アーセナルが魅惑的で、無敵だった1年間~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2017/03/28 07:00

泥まみれだった、奇跡のシーズン。~アーセナルが魅惑的で、無敵だった1年間~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『インヴィンシブル アーセナルの奇跡』エイミー・ロレンス著 東本貢司/菅しおり訳 三賢社 1850円+税

 アーセナルが未だに世界的なブランドを保てるのは「インヴィンシブル」のおかげかもしれない。攻撃主体の魅惑的なパスサッカー。若手を次々登用し、試合はエネルギーに充ちている。そんな代名詞で語られるガナーズも12年間プレミアリーグ優勝を逃し続け、今季も4位争いの真っ只中。就任20周年、契約最終年のヴェンゲル監督は、いよいよ擁護できないところに追い込まれている。

 究極のマゾヒズムを強いられたファン「グーナー」は、失敗の連続の中で微かな希望を糧に生きてきた。その根っこが13年前の奇跡ではないか。本書は2003-'04にアーセナルが達成した無敗優勝のシーズンを様々な角度から検証したもの。あらゆる選手、スタッフ、ヴェンゲルのインタビューも交え、近代フットボール史上唯一の偉業を成したチームの精神を捕えようとする意欲的な1冊だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 286文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

怪物たちのセンバツ。

Sports Graphic Number 923

怪物たちのセンバツ。

 

エイミー・ロレンス
東本貢司
菅しおり

海外サッカーの前後の記事

ページトップ