ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

日本の頂を越えてゆけ。
~弱くても人気のマラソン男子、
14年前の日本記録が更新される日は?~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2016/12/31 07:00

日本の頂を越えてゆけ。~弱くても人気のマラソン男子、14年前の日本記録が更新される日は?~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『日本のマラソンはなぜダメになったのか 日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!』折山淑美著 文藝春秋 1450円+税

 マラソン男子の日本記録はもう14年も更新されていない。だがリオ五輪での視聴率は開会式を上回る1位。結果は佐々木悟の16位が最高という不本意なものだったが、関心は相変わらず高い。

 そんな現状をどう打破すべきなのか? 1978年に2時間9分05秒6という日本新を樹立した宗茂から、2002年に2時間6分16秒の現日本記録を叩き出した高岡寿成まで、歴代7名の日本記録保持者に話を聞いたのが本書だ。


 彼らが語る、記録を出したレースと当時の状況や練習法。それは、スピードが格段に増したマラソン競技の変化に合わせた苦闘の歴史でもあり、一方で日本男子マラソンのクロニクルとしてファンには懐かしく読めるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 339文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

折山淑美

陸上の前後の記事

ページトップ