新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『マリア・シャラポワ自伝』「テニスは好きでも嫌いでもない」“成功の金”を求めた女王の軌跡。 

text by

フローラン・ダバディ

フローラン・ダバディFlorent Dabadie

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/08/27 07:00

『マリア・シャラポワ自伝』「テニスは好きでも嫌いでもない」“成功の金”を求めた女王の軌跡。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『マリア・シャラポワ自伝』マリア・シャラポワ著 金井真弓訳 文藝春秋 2100円+税

 テニス選手の自伝というジャンルにおいては、アンドレ・アガシの『オープン』が最高峰だと思っている。スポーツ選手の人生には、無一文からお金持ちというストーリーは多いが、アガシの本には質の高いドラマ性があり、文章も美しい。

 マリア・シャラポワの自伝は、アガシほど完璧ではないものの、アメリカン・ドリームを追ってきた移民の彼女の物語には、正真正銘のロマンがある。

「テニスは好きでも、嫌いでもない。試合に負けるのが嫌い、お金を稼ぐのが好き」

 これは全体の流れを決定づける名言だ。そこに偽善性はない。

「5つのグランドスラムを優勝したけれど、いつまでも優勝に飢えている」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

マリア・シャラポワ
金井真弓
フローラン・ダバディ

テニスの前後のコラム

ページトップ