Before The GameBACK NUMBER

監督は選手の支配者ではない。~アメフトも女子レスリングも、選手が主役ではなかった~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/06/10 17:00

監督は選手の支配者ではない。~アメフトも女子レスリングも、選手が主役ではなかった~<Number Web> photograph by KYODO

5月22日、記者会見で反則問題を謝罪する日本大学アメリカンフットボール部部員。

「エニイ・ギブン・サンデー』は米国のプロフットボール、NFLの舞台裏を描いたスポーツ映画の佳作である。

 クライマックスのプレーオフ進出をかけた試合前。ミーティングでアル・パチーノ演じるヘッド・コーチのトニー・ダマトが語るスピーチには震えさせられる。

「人生もフットボールも我々が犯す過ちは気づかないほど小さいものだ」

 ダマトは選手たちを見回してこう語りかける。

「だが半歩遅くても、早くても失敗する。半秒遅くても、早くても(ボールを)取り損なう。その1インチは身の回りのあらゆるところにある。試合にも一瞬に、1分、1秒毎にある。我々はその1インチを戦うんだ!」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

他競技の前後のコラム

ページトップ