Before The GameBACK NUMBER

日本の先駆者がベースボールを変える。~大谷翔平はメジャーにとっても「野球のこれから」だ~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/12/26 06:00

日本の先駆者がベースボールを変える。~大谷翔平はメジャーにとっても「野球のこれから」だ~<Number Web> photograph by KYODO

入団会見後、オーナー、ソーシア監督、GM、社長に囲まれ記念撮影。

 優れたアスリートは過去と未来をつなぐ。この背の高い日本人のごとく。

 北海道日本ハムファイターズの遠い前身、セネタース以来の長きファンが、大谷翔平の打撃フォームを本稿筆者にこう評したことがあった。

「まるで大下弘だ」

 青バットの伝説の名手。敗戦の1945年、明治大学から新球団のセネタース入り、端正で雄大な打法が、生活の困窮にあえぐ庶民の絶大なる支持を得た。

 みんな左の打席から高々と舞い上がる打球を目で追った。いっせいに首が天を向く。

「そのとき空襲のない青空がよみがえったのです」

 小さく畳まれた肘。瞬発力を包む遊びのある全体の構え。バットが球をとらえるや上半身は弓のごとく反る。指は最後までグリップを離れようとしない。そのスイングを文献や映像で確かめたら、なるほど大谷のひと振りと似ているような気がしてくる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 840文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<総力特集>VOICE of 2017-18

Sports Graphic Number 942

<総力特集>
VOICE of 2017-18

 

大谷翔平
北海道日本ハムファイターズ
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ