Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<弟弟子が見た“長兄”>
高安「恩返しは優勝報告で」

posted2019/02/19 15:00

 
<弟弟子が見た“長兄”>高安「恩返しは優勝報告で」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Atsushi Hashimoto

 15歳で入門してから13年間――。  雲の上の存在だった兄弟子の背中を追い、その土俵人生を間近で見続けてきた。  弟弟子が、偉大なる“兄”の素顔を語る。

「土俵人生において、一片の悔いもございません」

 引退会見で真っ直ぐ前を見据え、大粒の涙を流しながらの、稀勢の里の言葉だ。それは、人気漫画『北斗の拳』の主人公・ケンシロウの兄、孤独に生きるラオウの名台詞を意識したものだった。まさにラオウの如く孤高に戦い続けた兄弟子の姿を、傍らで仰ぎ見ていた高安はいう。

「あの涙、かっこいいじゃないですか。それだけ真剣に全力で走り続けてきたということ。そうじゃないと泣けないですよ」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

高安
稀勢の里

相撲の前後のコラム

ページトップ