Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<天龍源一郎と愛娘が振り返る>
第48代横綱大鵬「一番風呂と柏戸の涙」

posted2019/02/20 15:00

 
<天龍源一郎と愛娘が振り返る>第48代横綱大鵬「一番風呂と柏戸の涙」<Number Web> photograph by Miki Fukano

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

 戦後の日本、急速に復興する時代を象徴するように常勝の道を歩んだ。  淡々とした勝利の裏にあった努力と繊細さを、三女と元付け人が語った。

 日本の高度成長期、大相撲には大鵬がいた。

 1940年、樺太の地でウクライナ人の父と日本人の母との間に生まれ、戦局の悪化で北海道へと渡る。家庭は貧困を極め、定時制の高校に通いながら家計を助けていたところ、巡業に来ていた当時の二所ノ関親方の目に留まり16歳で入門。そしてなんと'61年、入門からわずか5年という考えられないスピードで横綱に昇進した。まだ、弱冠21歳だった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

大鵬
柏戸
天龍源一郎

相撲の前後のコラム

ページトップ