Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<天龍源一郎と愛娘が振り返る>
第48代横綱大鵬「一番風呂と柏戸の涙」

posted2019/02/20 15:00

 
<天龍源一郎と愛娘が振り返る>第48代横綱大鵬「一番風呂と柏戸の涙」<Number Web> photograph by Miki Fukano

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

 戦後の日本、急速に復興する時代を象徴するように常勝の道を歩んだ。  淡々とした勝利の裏にあった努力と繊細さを、三女と元付け人が語った。

 日本の高度成長期、大相撲には大鵬がいた。

 1940年、樺太の地でウクライナ人の父と日本人の母との間に生まれ、戦局の悪化で北海道へと渡る。家庭は貧困を極め、定時制の高校に通いながら家計を助けていたところ、巡業に来ていた当時の二所ノ関親方の目に留まり16歳で入門。そしてなんと'61年、入門からわずか5年という考えられないスピードで横綱に昇進した。まだ、弱冠21歳だった。

 '71年の5月に引退するまで、幕内での優勝は32回。この記録は白鵬に抜かれるまで燦然と輝き続け、そのあまりの強さに、「巨人 大鵬 卵焼き」という高度成長期の日本の代名詞にまでなった。

「でもね、大鵬さんは巨人が嫌いだったんだよ」と証言するのは、'63年の12月、まだ13歳で二所ノ関部屋に入門した嶋田源一郎少年、のちの天龍である。

「大鵬さんは16歳で入門して、たたき上げで横綱までのぼり詰めた人でしょ。だから、スター選手を集めて勝ち続ける巨人が好きじゃなかった。どちらかというと、南海。大阪に行くと、鶴岡一人監督や、杉浦忠さんなんかと飲んでたね」

 天龍が入門した時、すでに大鵬は伝説になっていた。

「横綱大鵬を作ったのは、猛稽古です。二所ノ関親方は、大鵬さんの素質を見込んで、雑用やちゃんこ番はやらせず、とにかく稽古をさせた。ひと通りの稽古が終わってから、そこから1時間ぶつかり稽古が始まる。これはね、15分やったらフラフラになるんです。それを1時間やり続けるなんて考えられない。今だったら、『かわいがり』って言われてるよ。ぶつかり稽古を大鵬さんはずっと続けていた。気力が衰えなかった」

 天龍は、稽古で大鵬に胸を貸してもらった時の感触をいまだに覚えているという。

「バチッと当たったら跳ね返されるんだろうな、と想像していたら違った。柔らかく、受け止められてしまう感じ。あれが、横綱なんだろうね。大鵬さんは『型がない』と解説者の人たちからよく批判されてたんだけど、右四つでも左四つでも取れるってすごいことだよ。あれは、『自然型』なんじゃないかな。横綱たるもの相手の相撲を受けてから自分の力を発揮する、というスタイルを完成させたのは大鵬さんだろうね」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大鵬
柏戸
天龍源一郎

相撲の前後のコラム

ページトップ