野球クロスロードBACK NUMBER

楽天・三木谷オーナーの打診で改名。
「卓丸さ~ん!」が増した逞しさ。

posted2019/02/20 10:30

 
楽天・三木谷オーナーの打診で改名。「卓丸さ~ん!」が増した逞しさ。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

楽天で進境著しい卓丸。今季からの新しい打撃フォームを体に沁み込ませようとしている。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

「タクマルさ~ん!」

 キャンプ地に訪れたファンに声をかけられる。ランチ後や練習後のサインや写真撮影などの“神対応”は昨年も同じだったが、今年はその数が格段に増えたように思える。

「どうなんすかね? わかんないっす。でも、名前を覚えてもらって嬉しいです」

 入団5年目。22歳の顔がほころぶ。

 今年から登録名が「卓丸」に変わった。

 苗字の「八百板(やおいた)」も全国的には珍しいが、確かに卓丸のほうがインパクトはあるし、認知されやすい。

 卓丸と名付けたのは野球好きの父親だった。

 当初は満にしたかったという。というのも、1歳上の兄の名は飛馬で、野球マンガ『巨人の星』の主人公・星飛雄馬に由来する。そこで父は、星のライバルである花形満の名を弟に授けようとしたそうだが、さすがにそれはありきたりだと判断。自身がファンだった巨人の江川卓と、野球のボールを想起させる文字を繋げ「卓丸」と名付けた。

「来年から『卓丸』にすれば?」

 登録名の変更とは、プロ野球選手にとって大きな転機である。

 イチローが象徴するように、名字ではない登録名でブレークした選手は少なくない。楽天で言えば、銀次がそうだ。

 八百板から卓丸へ――打診をしたのは、楽天の三木谷浩史オーナーだった。昨年8月。八百板は、二軍球場での試合を視察に訪れたオーナーから告げられた。

「来年から、『卓丸』にしたほうがいいんじゃないかな?」

 それは、彼にとっても願ったり叶ったりの要請だった。

「珍しい名前だと思うんですけど、小さい頃から自分の名前は好きだったし、プロになってからもいろんな人から『卓丸にしたほうがいいんじゃない?』って言われていたんで。本当にいいタイミングでオーナーから提案していただいたなって」

【次ページ】 大卒の辰己、小郷が入団。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

八百板卓丸
東北楽天ゴールデンイーグルス
三木谷浩史
平石洋介

プロ野球の前後のコラム

ページトップ