SCORE CARDBACK NUMBER

低年齢化が進む欧州への挑戦。
戦力維持のカギは大卒選手!?
~フロンターレの強さの一端は主力の残留率か~

posted2019/02/12 15:00

 
低年齢化が進む欧州への挑戦。戦力維持のカギは大卒選手!?~フロンターレの強さの一端は主力の残留率か~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

昨年、流経大から加入1年目で26試合に出場し、リーグ制覇に大きく貢献した守田。A代表デビューも果たした。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 タレントの流出にどう対処していくか。Jクラブにとって、人材確保の在り方を見直す時期に来ているかもしれない。

 この冬もJクラブを支えてきた多くの若者たちがヨーロッパへ渡っている。海外組への転身だ。際立つのは低年齢化だろう。

 マンチェスター・C(イングランド)へ完全移籍後、フローニンゲン(オランダ)へ期限付き移籍した板倉滉、ズヴォレ(オランダ)に完全移籍した中山雄太は、ともに今年22歳。ひと足先に欧州へ渡った堂安律や冨安健洋と同じ『東京五輪世代』だ。移籍のタイミングが「五輪後」から「五輪前」へ前倒しされている。将来を嘱望される有望株を数多く抱えるクラブほど人材流出の危機に直面しやすい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

川崎フロンターレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ