草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

杉下茂と野茂英雄が中日キャンプに!
魔球フォークを巡る70年前の伝説。
 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/02/13 17:00

杉下茂と野茂英雄が中日キャンプに!魔球フォークを巡る70年前の伝説。<Number Web> photograph by Kyodo News

与田監督率いる中日の沖縄・北谷キャンプを訪れた杉下氏(左)と野茂氏(中央)はブルペンで鈴木博(右)らの投球練習を見守った。

大リーグからオファーが。

 当時は大リーグでもフォークの使い手はほとんどいなかったようだ。それを日本からやってきた若い投手が操っている。「おまえはこっちに残ってやってみないか」とオファーを受けたほど、杉下氏の評価は高かった。

 野茂よりも半世紀近く前に「ジャパニーズフォーク」が大リーガーをきりきり舞いさせていたかもしれなかったのだ。

 杉下氏といえばフォーク、フォークといえば杉下氏というほどその印象は強い。ところが「正直いうと、好きじゃなかった」とこちらがのけぞるようなことを口にする。

「川上にフォークを投げろ」

「投げても1試合のうちで5、6球くらいのものだったね。僕は川上さんにど真ん中のストレートで勝負できるピッチャーになりたかったんだ。日本一のピッチャーになるためには、あくまでも川上さんを打ち取らなければならなかったんだ。ところがずっと打率3割くらい打たれていた。昭和29年だけは1割台に抑えたんじゃないかな。天知さん(監督)が『川上にフォークを投げろ』と言う。断ったら『監督命令だ』ってね」

 川上との神様対決に使えば優位に立てることはわかっていた。そもそもフォークは巨人用であり、中でも川上、青田昇という主力のためにという思いもあったようだが、投手の美学がそうさせてこなかった。

 監督命令に従った1954年はチームが巨人戦で挙げた14勝のうち、実に11勝を杉下氏が稼ぎ出した。32勝、防御率1.39など投手のタイトルを独占。西鉄との日本シリーズも獅子奮迅の活躍を見せ、球団史上初めての日本一に導いた。

 背筋がピンと伸び、かくしゃくとしたたたずまいからは、とても実年齢が想像できない。

 何より、キャンプ地のブルペンでは今年も立ちっぱなしで投球練習を見ていると聞いた。大正に生まれ、その大きな右手はフォークよりも前に手榴弾を投げている。1リーグ時代の野球界を知る生ける伝説でありながら、ふんぞり返ったりはしない。

 神様はいつだって穏やかな笑顔で若い選手を見守っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

野茂英雄
杉下茂
中日ドラゴンズ
川上哲治

プロ野球の前後のコラム

ページトップ