フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

紀平梨花の逆転優勝に終わった四大陸。
三原舞依、坂本花織らの思い――。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAkiko Tamura

posted2019/02/14 10:15

紀平梨花の逆転優勝に終わった四大陸。三原舞依、坂本花織らの思い――。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

左から、銀メダルのエリザベタ・トルシンバエヴァ(カザフスタン/18歳)、紀平梨花(16歳)、三原舞依(19歳)。

SPトップ3人が全員表彰台から外れる。

 結局SPでトップに立っていたブレイディ・テネルが総合5位、マライア・ベルが6位に終わり、2位はフリーで4サルコウに挑んだカザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワが入り、三原が3位に残った。SPトップ3名が全員表彰台からもれるという、珍しい結果となった。

 優勝会見で紀平は指の怪我の影響について聞かれて、こう説明した。

「跳び方も少し苦戦はしたけれど、去年の同じような時期に同じような怪我をしていたので少しは慣れていて、跳び方を変えることができた。そこが良かったと思う。良い感覚を持ちながらできたと思います」

 紀平は指の怪我のみではなく、全日本後に靴の調整で苦労して、結局左足のみ新しい靴をはき、右足は古い靴で滑るという悪条件もついていた。

「どんなハプニングがあっても、ずっと前を向いてあきらめずにやっていこうと思ったので、すごく良い経験になった」と大会を振り返った。

 三原は次はユニバーシアード、紀平と坂本は世界選手権が待っている。

 3選手それぞれ、この大会で学んだものを抱えて、次へと進んでいく。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
紀平梨花
三原舞依
坂本花織
ブレイディ・テネル
マライア・ベル
エリザベート・トゥルシンバエワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ