フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

紀平梨花の逆転優勝に終わった四大陸。
三原舞依、坂本花織らの思い――。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAkiko Tamura

posted2019/02/14 10:15

紀平梨花の逆転優勝に終わった四大陸。三原舞依、坂本花織らの思い――。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

左から、銀メダルのエリザベタ・トルシンバエヴァ(カザフスタン/18歳)、紀平梨花(16歳)、三原舞依(19歳)。

紀平梨花、フリーでの大逆転!

 紀平梨花は、冒頭の3アクセルをきれいに着氷。次のアクセルは2回転半にとどめ、3トウループをつけた。2度の3ルッツのコンビネーション、3フリップなど、1つひとつのジャンプの質が高く、身体全体を伸びやかに使って音楽を表現した。

 フリー153.14、総合221.99の数字が出ると、会場は大きな歓声に包まれた。まだテネル、坂本らが残っていたが、彼女たちが完璧な演技を見せない限り、これを上回るスコアを出すのは難しいだろうと誰もが思ったに違いない。

 そのプレッシャーがあったのか、テネル、ベルともジャンプのミスが出て表彰台圏外へと落ちた。

坂本の予想外の表彰台落ち。

 最終滑走は、SP2位だった坂本花織だった。優勝を狙うのなら、1つのミスも許されない。そういう厳しい状況で氷の上に立った坂本。

『ピアノレッスン』のメロディにのって、3フリップ+3トウループから演技を開始したが普段の彼女の、思い切りの良さが感じられない。かなり緊張していることが、見て取れた。

 後半、2アクセルから入る3つのジャンプコンビネーションを予定していたが、アクセルが1回転半になって、残りのジャンプが続かなかった。

 大きなミスといえばこれだけだったが、坂本にとって高くついた。

 フリーは133.43で総合206.79と僅差で4位に終わり、表彰台からもれたことがわかった瞬間、キス&クライに座っていた坂本は両手で顔を覆った。

「凄い悔しいです。(演技前は)いつもの最終滑走と変わらないと思っていたんですけど、いつもは自分に集中するんですけど、今日はなんか点数を……何点以上出せば勝てると考えてしまって全然集中できていなかった」と、悔し涙をこらえながら演技後にコメントした坂本。

 中野コーチに何と言われたのかと聞かれると、こう答えた。

「これは世界選手権に向けて『しっかりやれよ』と神様が言っているんだ、と言われました。世界選手権は今シーズンの最後の試合になるので、笑顔で終われるようにしたいです」と、決意を口にした。

【次ページ】 SPトップ3人が全員表彰台から外れる。

BACK 1 2 3 4 NEXT
紀平梨花
三原舞依
坂本花織
ブレイディ・テネル
マライア・ベル
エリザベート・トゥルシンバエワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ