サムライブルーの原材料BACK NUMBER

栗原勇蔵「失恋じゃないんだけど」
中澤佑二が抜けたマリノスを守る男。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/02/07 11:30

栗原勇蔵「失恋じゃないんだけど」中澤佑二が抜けたマリノスを守る男。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

中澤佑二と栗原勇蔵、マリノスの守備陣には彼らの魂がこもっている。

センターバックの4番手から再始動。

 もうひと花――。

 センターバックではドゥシャン、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔に続いて4番手だと自覚している。しかし現状を受け入れているわけではない。井原正巳、小村徳男、松田、中澤ら脈々と受け継がれてきた堅守の継承者として、「ハマのセンターバックとは何か」をプレーで示していく責任も感じている。

「ドゥシャン、チアゴ、槙もみんな力がある。みんなとの競争のなかで、チャンスをつかまなきゃいけない。出たときにはしっかりとしたパフォーマンスを出さなきゃいけない。その準備を、俺はやっていくだけ」

 ボンバーはいない、されどユーゾーはいる。

 ハイラインのスタイルにボンバーが適合して、ユーゾーが適合できないことはない。伝統と革新のミックスを、ユーゾーだから表現できるものがきっとあるはず。

 ボンバーに対する思い、感謝。そしてボンバーの思いも背負って。

 雨を降らした石垣の曇天に、目を泳がすことをやめた。

 雨過天晴。

 ユーゾーに、センチメンタルは似合わない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栗原勇蔵
中澤佑二
横浜F・マリノス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ