フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

フェルナンデス欧州7連覇で競技引退。
フィギュア界に刻んだスペインの栄光。

posted2019/01/29 11:00

 
フェルナンデス欧州7連覇で競技引退。フィギュア界に刻んだスペインの栄光。<Number Web> photograph by Getty Images

欧州選手権7連覇を達成したハビエル・フェルナンデス。母国スペインにフィギュアスケート文化を根付かせた功績も大きい。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 平昌オリンピック銅メダリスト、スペインのハビエル・フェルナンデスが1月26日、ベラルーシのミンスクで開催されていた2019年欧州選手権で7連覇を果たした。

 かねてから宣言していたように、これが彼の生涯最後のアマチュア競技となる。最後の舞台で金メダルを手にし、華やかにその競技人生を終えた。

「最後の試合は、欧州選手権にしたかった。この大会は、ぼくにとって自分の家のようなものだから」と語ったフェルナンデス。

 2011年から、カナダのトロントを拠点とし、ブライアン・オーサーとトレーニングを積んできたフェルナンデスだったが、やはりスペイン出身の彼の心はヨーロッパから離れたことはなかったのだろう。

ほぼぶっつけ本番で挑んだ欧州選手権。

 平昌オリンピックで羽生結弦、宇野昌磨に続いて3位になった後、フェルナンデスは1カ月後に開催されたミラノ世界選手権を欠場。今シーズンに入ってからも、出場した大会は2018年10月のジャパン・オープンのみで、ずっとアイスショーなどの活動に専念してきた。

「この大会の前の3週間、トロントで一生懸命トレーニングをしていました」とフェルナンデス。

 もともと彼は、トップスケーターの中ではそれほど練習に時間を費やすほうではなかった。短い時間に集中して滑り、夏もきちんと2週間ほどのバカンスを取らなくては心も身体ももたない、と語ったこともある。

 競技としてはほとんどぶっつけ本番といって良い欧州選手権で、タイトルを守ることは容易いことではないと誰もが思っていた。

【次ページ】 欧州選手権は、まずSPで3位に。

1 2 3 4 NEXT
ハビエル・フェルナンデス
羽生結弦
ブライアン・オーサー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ