猛牛のささやきBACK NUMBER

若返るオリックスの象徴、若月健矢。
23歳の選手会長は怖い打者を目指す。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/25 11:00

若返るオリックスの象徴、若月健矢。23歳の選手会長は怖い打者を目指す。<Number Web> photograph by Kyodo News

高卒6年目、23歳で選手会長に就任した若月。昨季はキャリアハイとなる114試合に出場した。

23歳だが、投手の多くが年下。

 投手陣は、長年ローテーションの軸となっていた金子弌大と西勇輝が移籍で抜けた。楽しみな若手投手は多いが、経験の少ない彼らのよさを引き出すために、捕手の存在が今まで以上に重要になる。

「これから出てくるのはほとんどが僕より年下のピッチャーばかりなので、本当にしっかりしないといけないし、引っ張っていくつもりでやりたい。2人がいなくなって、どうなるか未知数ですけど、楽しみです。今年はいろんな苦労があると思いますが、楽しみながらやりたいですね。うちは、失うものはないので」

 選手会長として、扇の要として、6年目の若月健矢は新たな境地に挑む。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

若月健矢
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ