猛牛のささやきBACK NUMBER

若返るオリックスの象徴、若月健矢。
23歳の選手会長は怖い打者を目指す。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/25 11:00

若返るオリックスの象徴、若月健矢。23歳の選手会長は怖い打者を目指す。<Number Web> photograph by Kyodo News

高卒6年目、23歳で選手会長に就任した若月。昨季はキャリアハイとなる114試合に出場した。

「今は打ち勝つ野球じゃないですか」

 今年は、さらなる打撃力アップをテーマに掲げている。

「昨年を見ていると、會澤(翼・広島)さんも、森(友哉・西武)も、打ってますから。今は打ち勝つ野球じゃないですか。昨年、僕らは防御率はトップだったけど、チームの順位は4位でした。ピッチャーがいいに越したことはないですが、やっぱり打たないと勝てない。

 それに、打てなくて終盤に代打を送られるのは悔しいので。今年は全試合出場、フルイニング出場を目指していますから」

三振を恐れず“怖いバッター”に。

 約3年、一軍で過ごして得た打撃の教訓は、三振を恐れないことだと言う。

「僕みたいなバッターは、本当は三振するのが一番いけないことだと思うので、難しいところなんですけど、三振を怖がっていたらヒットを打てないんですよ。一軍のピッチャーは、しっかり振らないと前に飛ばないですから。

 もちろん三振をしてもいいところなのか、1球でも多く粘らなきゃいけないところなのか、状況は考えなきゃいけないんですけど。三振をしないようにと当てにいって、結果的にセカンドゴロだったらもったいない。同じアウト1つなら、『失投したらやられてしまう』と思わせられるような“間違ったら怖いバッター”になりたいですね」

 西村徳文新監督には“打率3分アップ”を課せられているという。

「森でも2割7分何厘(2割7分5厘)ですからね。森を目指してやっていきます」と、打撃がウリの同級生捕手を指標にする。

 昨年の開幕時に正捕手を争っていた伊藤光は、昨年7月、DeNAにトレードで移籍した。36歳のベテラン捕手、山崎勝己は2年契約を結んだが、捕手の軸となるのは今年も若月だろう。

【次ページ】 23歳だが、投手の多くが年下。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

若月健矢
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ