バスケットボールPRESSBACK NUMBER

千葉ジェッツ、バスケ天皇杯3連覇。
悲願の2冠へ必要なのは挑戦者の心。 

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/01/22 07:00

千葉ジェッツ、バスケ天皇杯3連覇。悲願の2冠へ必要なのは挑戦者の心。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

終了間際の3ポイントシュートでチームを劇的な勝利に導いた富樫勇樹は大会MVPにも選出された。

リベンジの意識が原動力。

 そしてもうひとつ、千葉の原動力になっていたのは“リベンジの意識”だ。準々決勝で対戦した川崎は、リーグの開幕戦でホームゲーム、川崎のニック・ファジーカス欠場といった有利な条件がそろっていたにもかかわらず連敗を喫してしまった相手。

 準決勝で激突したA東京も昨シーズンのBリーグファイナルで屈辱を味わわされた因縁の相手だ。小野が自チームを「チャレンジャー」と表現したのは、そういった背景も踏まえてのものだったことは想像に難くない。

「開幕の川崎戦はニックが出ていない中で連敗して、悔しい思いもありました。アルバルクにも昨シーズンのファイナルで負けているので、借りを返さないといけないという気持ちは強いです」(小野、準々決勝終了後)

「昨シーズンのファイナルの時のあの気持ちはもちろん忘れていませんし、昨シーズンを振り返ると東京さんとの試合は接戦を落としているイメージだったので、今日も接戦になりましたがそれを勝ちきったのはチームの成長だと思います」(富樫、準決勝終了後)

 これまでに味わった悔しさを糧に、さらなる進化を遂げた千葉。それが結果として表れたのが今回の3連覇だった。しかし、Bリーグ制覇という目標はまだなしえていない。2シーズン続けて逃している“2冠達成”が成就するその日まで、千葉は「チャレンジャー」であり続けるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
千葉ジェッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ