野球善哉BACK NUMBER

新潟の球数制限がもたらす次の問題。
トーナメント戦で投手育成は可能か。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/01/09 07:00

新潟の球数制限がもたらす次の問題。トーナメント戦で投手育成は可能か。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

甲子園で勝ち上がったチームのエースの球数を数えるのはもはや恒例になった。改革の機運は高まっている。

夏の大会での実施にはハードルがある。

 球数制限の話に戻ると、夏の予選からいきなり実施するのは影響が大きすぎる。

 新潟県高野連もその危惧があるから、甲子園切符のかからない春に実施しようとしているのだろう。今後は夏の大会での実施を検討していきたいはずだが、それを実現するためには、投手を育てる期間が必要になる。秋から春のリーグ戦を実施すれば、複数の投手が名投げる機会は確実に増える。

 新潟県高野連が見せた動きは「本気で高校生の健康・育成面を考えた」1つのメッセージと言えるだろう。

 では今後、日本高野連、そして他の連盟はどういう動きを見せていくのか。

 その動きこそ、高校生の健康面を考慮に入れることに「本気」かどうかのモノサシになるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4

高校野球の前後の記事

ページトップ