テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭、2019年は勝負のシーズン。
テニスの「29歳」という分岐点。

posted2018/12/29 08:00

 
錦織圭、2019年は勝負のシーズン。テニスの「29歳」という分岐点。<Number Web> photograph by AFLO

2018年はATPファイナルズ出場にまでこぎつけた錦織圭。復帰2年目、悲願のグランドスラム制覇なるか。

text by

今田望未

今田望未Nozomi Imada

PROFILE

photograph by

AFLO

 テニス選手のオフシーズンは短い。

 つい先日、日東ATPファイナルズの激闘が繰り広げられていた、そんな感覚だが、12月31日には早くも2019年シーズンの大会が幕を開ける。

 11月のデビスカップ決勝を戦い、開幕戦に出場するマリン・チリッチ(クロアチア)のオフはわずか5週間。そのほかほとんどの選手は8週間程度しかオフがない。

 この期間に選手がやることは多種多様だ。家族との時間を持つ者も、バカンスに出る者も、エキシビションで世界を回る者も、普段できないトレーニングに明け暮れる者もいるが、そのいずれにしても十分な時間を取れているとは思い難い。

 2019年シーズンはまだ試合こそないが、もう始まっている。このオフ期間にどれだけ準備できたかが新シーズンの序盤戦を左右すると言っても過言ではない。

シードの恩恵とタイムリミット。

 錦織圭の新シーズンがスタートした。例年であれば1月1週目のブリスベン国際からシーズンを始めることが多かったが、今回ハワイでのエキシビションに初参加。ミロス・ラオニッチ(カナダ)を破って優勝と、例年以上の早い仕上がりを見せている。

 それもそのはず、今年は勝負の1年だ。

 錦織の2018年は、まずケガで落ち込んだランキングを戻すことが最優先事項だった。結果的に、主要大会での上位進出が後押ししてトップ10復帰を決めることができた。上出来だったと言えよう。

 この結果、昨年のマドリードオープンで起こった、1回戦からジョコビッチと対戦するようなタフドローがなくなった。ようやくシードの恩恵を得られる。2019年、マスターズ、グランドスラムで優勝する準備は整いつつある。

 今年が勝負の1年になる理由はもう1つある。トップテニス選手としての1つのタイムリミットが近づいてきているからだ。

【次ページ】 29歳という大きな区切り。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
スタン・ワウリンカ

テニスの前後のコラム

ページトップ