SCORE CARDBACK NUMBER

男子エペ・見延の強さの秘密は
“包丁研ぎ”で磨いた集中力!?
~フェンシングの練習に取り入れた福井の名産品~

posted2018/12/21 15:00

 
男子エペ・見延の強さの秘密は“包丁研ぎ”で磨いた集中力!?~フェンシングの練習に取り入れた福井の名産品~<Number Web> photograph by AFLO

決勝に勝ち喜びを爆発させた見延。ほぼ満席の客席との近い距離感に「お客さん1人1人の顔が見えた」と語った。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

AFLO

 東京グローブ座(東京都新宿区)で全日本選手権決勝を開催し、最新テクノロジーを駆使した斬新な演出などで大評判を呼んでいる日本フェンシング界。33歳にして国際フェンシング連盟副会長に就任した太田雄貴日本協会会長が推し進める大胆な改革に歩調を合わせるように、このところ大いに実力を伸ばしているのが、31歳の日本のエース、男子エペの見延和靖(ネクサス)だ。

 12月9日に行なわれた全日本選手権決勝では伊藤心(28歳、自衛隊体育学校)と対戦した。序盤から中盤にかけては相手の出方をうかがい、駆引きしながら互角に試合が進んだが、10-10から見延が一気にギアチェンジして3ポイントを連取。身長177cmながら両腕を広げると196cmという長いリーチを生かし、絶妙な間合いからの冷静な剣さばきで突き放し、15-11で勝利を収めた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

太田雄貴
見延和靖
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ