バスケットボールPRESSBACK NUMBER

「みんながみんな田臥勇太じゃない」
Bリーグ首位栃木に感じる自負心。

posted2018/12/22 09:00

 
「みんながみんな田臥勇太じゃない」Bリーグ首位栃木に感じる自負心。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

今シーズンは最初の6試合に出場したのち負傷で欠場が続いている田臥勇太。ベンチからチームを鼓舞する。

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

 中盤戦に差しかかった3シーズン目のBリーグ。11月を終えた時点でB1リーグ全体の首位に立っていたのは、栄えある初代王者に輝いた栃木ブレックスだった。

 昨シーズン王者のアルバルク東京、同準優勝の千葉ジェッツと同じ東地区で戦う栃木は、千葉が開幕連敗スタートとなり、A東京も他地区のチームに土をつけられるのを尻目に、10月と11月を1敗ずつで乗りきり17勝2敗。既に1度ずつあった2チームとの直接対決でもしっかりと勝利を挙げている。

 その栃木にとって、12月前半の日程はシーズン最初の山場ともいえた。リーグ戦を中断して行われる第94回天皇杯2次ラウンドでは中地区首位の新潟アルビレックスBBと激突し、その後のリーグ戦も相手は西地区首位の琉球ゴールデンキングス、そしてA東京と続く。

 新潟との一戦はシーソーゲームを5点差で制して1月のファイナルラウンド進出を決めたが、琉球戦は1戦目で再延長にもつれ込む激闘の末に敗れた。翌日の2戦目は取り返したものの、それから中2日で臨んだA東京戦も1点リードしていた残り5秒で逆転を許して1点差の黒星。12月は早くも2敗を喫したことになる。

新潟との再戦をきっちり連勝。

 18勝4敗となって迎えた12月15日・16日の第14節は、2週前に相まみえたばかりの新潟との再戦。過去2シーズンはどの試合も寄せつけることなく完勝しているが、2週前の5点差という結果が示すように、今シーズンは簡単に勝てる相手でないことは明らかだった。

 それでも栃木は、白星を2つ積み上げることに成功した。1戦目は第1クォーターで26失点を喫してからディフェンスの強度を上げて粘り、同点の残り1分4秒で生まれた渡邉裕規の3ポイントが決勝点となった。

 2戦目は得点源であるライアン・ロシターを欠いたが、試合開始から7分以上にわたって無失点とディフェンスで圧倒。その後は我慢強く戦った新潟に競り合いに持ち込まれたが、第4クォーター中盤に再びリードを奪って以降は相手の追撃をかわして勝ちきった。

【次ページ】 田臥を欠いても首位キープ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栃木ブレックス
田臥勇太

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ