パラリンピックへの道BACK NUMBER

大泉洋主演映画と日本代表・大西瞳。
アスリートは介助の現場をどう見た?

posted2018/12/25 07:00

 
大泉洋主演映画と日本代表・大西瞳。アスリートは介助の現場をどう見た?<Number Web> photograph by AFLO

リオパラリンピックで、走り幅跳びに出場した時の大西瞳。東京パラリンピックでは、さらなる記録更新を目指す!

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

「やっぱり、あきらめないこと。あきらめないことの大切さが伝わりましたし、そこが共通すると思いました」

 ノンフィクション『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(渡辺一史著・文春文庫)をもとにした映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(12月28日公開)を観ての感想を、大西瞳はこう語る。

 2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックに出場し、走り幅跳びで6位、100mで8位と、ともに入賞を果たし、現在に至るまで第一人者として活躍している。

 大西のこれまでをたどると、「共通する」という言葉の通り、「あきらめない」という言葉の重要性を、あらためてかみしめる。なによりも、大西自身が「あきらめない人」であったことを知る。

 東京都内の区役所職員として働きながら競技を続けてきた大西を、テレビの番組『バリバラ』の司会として知る人もいるかもしれない。その足跡をあらためて紹介したい。

「あ、義足ってかっこいいんだ」

 大西は23歳のとき、風邪をこじらせて心筋炎を患った。その影響から右脚の 壊死が進み、太ももで切断せざるを得なかった。

「落ち込みました」

 と、当時を振り返る。そこから抜け出すきっかけとなったのは、スポーツだった。

「義足を作ってくれている人が、当時は“ヘルスエンジェルス(現スタートラインTokyo)”という切断者の陸上チームを主宰されている方で、『走れるようになるときれいに歩けるよ』と言われて、じゃあやろう、と」

 見に行って、大きく揺さぶられた。

「格好よく走っていたんです。『あ、義足ってかっこいいんだ』と思えるようになった。頭の中が180度変わって、気持ち的に障害を乗り越えられたというか、障害じゃなくなったような気持ちになりました」

【次ページ】 「パラリンピック、すごいな!」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大西瞳
鹿野靖明
渡辺一史
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ