プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

「史上最年少王者」誕生への期待。
“新しいノアの顔”清宮海斗の挑戦。

posted2018/12/05 16:30

 
「史上最年少王者」誕生への期待。“新しいノアの顔”清宮海斗の挑戦。<Number Web> photograph by Essei Hara

GHCヘビー級王座を果たして戴冠できるかどうか……22歳の若武者に三沢光晴以来の伝統がのしかかる。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 清宮海斗はノアの「グローバルリーグ」に初優勝した後、GHCヘビー級王座への挑戦を表明した。王者は強さを売り物にする杉浦貴だ。

 清宮は3年前、2015年12月にノアのリングでデビューを果たすと、杉浦に弟子入りしている。

「デビューして、こんな強い人がいるんだな、と思った。その杉浦さんに弟子入りさせてもらってお世話になって、面倒を見てもらった。

 その杉浦さんを越えたいんです。杉浦さんを越えるからこそ意味がある。3カウントで、しっかり肩をつけさせて勝ちたい」

 清宮はこの1年間をジェスチャーで「大きくうねるような波のある不安定な1年」と表現した。

「波乱の1年、自信満々で日本に帰って来て、(拳王の)ベルトに挑戦したのに勝てなかった。その後、組んでもらったシングルマッチでも勝てなくて、結果が出せなくて、一回気持ちが落ちた」

シングルで芽が出ない日々。

 タッグでは潮崎豪と組んで「グローバルタッグリーグ」に優勝したし、GHCタッグ王座も獲得した。

 でも、シングルで芽が出ない日々に、清宮はひどく落ち込んだ。本人のイメージ・プランが膨らんでいたために、それとの実際のギャップは大きく、外から見てもトーンダウンは明らかだった。

 そんな辛い時期も、清宮は「試合に対しては必ずテーマをもって挑戦してきた」と冷静さを失わなかった。

【次ページ】 リーグ戦で思わぬ苦戦も。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清宮海斗
丸藤正道
杉浦貴
中嶋勝彦
プロレスリング・ノア

プロレスの前後のコラム

ページトップ