メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

菊池雄星は「プレミアムな存在」。
メジャー10球団、交渉の争点。

posted2018/11/23 11:30

 
菊池雄星は「プレミアムな存在」。メジャー10球団、交渉の争点。<Number Web> photograph by Kyodo News

米国から帰国した菊池雄星。過去最高額のポスティングも期待されるが果たして。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す菊池雄星の争奪戦が、年末にかけて本格的にスタートする。11月19日には、自主トレ先の米ロサンゼルスから帰国。同地では、代理人スコット・ボラス氏とのミーティングを行うなど、今後の移籍交渉へ向け、互いにコミュニケーションを深めた。

「今後1カ月、2カ月のプランを作って考え方のすり合わせもできた。いい方向に進むように最善を尽くしたい」

 現時点では、西武を通した申請手続きは行っていないが、12月5日の締め切り日までに正式に申請し、譲渡金を支払う意思のある全球団との間で30日間の交渉が始まる。

左腕はプレミアムな存在。

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)など国際舞台での経験がないとはいえ、菊池への評価は高い。

 希少性のある左腕で、しかもまだ27歳。最速158kmの快速球を持つ素材は、メジャー広し、といえども、そう多くはない。敏腕で知られるボラス氏が、自信たっぷりに言うのも、決してアドバルーン的な意味合いだけではない。

「左腕投手は、メジャーでのプレミアムな存在。彼は、移籍市場で最も若いし、最も速い球を投げる投手の1人だろう。需要は高いと思う」

 岩手・花巻東高卒業時も、メジャー志望を明かしたが、当時とは投手としてのレベルは格段に上がった。技術、体力とも大幅にアップし、過去3年連続2桁勝利を挙げるなど、これからプロの投手として「円熟期」を迎えるだけに、メジャーの各球団は先発2~4番手にランクしていると見られている。

「メジャーにやってくるタイミングとしてはパーフェクトだ。彼の価値をアピールできることが楽しみだ」(ボラス氏)

【次ページ】 菊池を何番手で評価するか。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

菊池雄星
スコット・ボラス

MLBの前後のコラム

ページトップ