SCORE CARDBACK NUMBER

クラシコ大敗、ロペテギ解任。
マドリーに吹く衰退の秋風。
~王者の品位はどこへ行ったのか~

posted2018/11/11 17:00

 
クラシコ大敗、ロペテギ解任。マドリーに吹く衰退の秋風。~王者の品位はどこへ行ったのか~<Number Web> photograph by Getty Images

クラシコの後半37分、ベンチに下がるマルセロを労ったロペテギ。この交替がマドリーでの最後の采配になった。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 日曜の深夜の公式声明には王者の品位のかけらすらなかった。

 10月28日のクラシコで5-1で大敗したレアル・マドリーは、ジュレン・ロペテギ監督を解任し、後任としてサンティアゴ・ソラーリの暫定監督就任を発表した。

「ロペテギの解任を取締役会で決定した。(略)当クラブからは今年度のバロンドールに8人もノミネートされているにもかかわらず、それにそぐわぬ内容を見せていた」

 この種の声明は通常、解任の決定と前監督への感謝のみを書くもの。「8人もノミネートされている」のくだりは余計で、伝統ある同クラブの気品に欠けた声明文として、監督解任そのものよりも批判されている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

レアル・マドリー
ジュレン・ロペテギ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ