SCORE CARDBACK NUMBER

組めば“けんか四つ”の真剣勝負。
女子57kg級の代表争いに注目。
~現女王に挑む新女王・芳田司~

posted2018/10/20 07:00

 
組めば“けんか四つ”の真剣勝負。女子57kg級の代表争いに注目。~現女王に挑む新女王・芳田司~<Number Web> photograph by AFLO

女子57kg級金メダルに輝いた芳田。同級の金は'15年の世界柔道選手権アスタナ大会の松本以来3年ぶりとなる。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

AFLO

 9月下旬にアゼルバイジャンで開催された世界柔道選手権で、日本は個人戦の男女計14階級中7階級で金メダルを獲得するなど、充実の成績を残した。女子は5階級で金メダル。その中で、今回の初優勝をきっかけに“旧女王”との東京五輪代表争いがますます注目されるであろう“新女王”が、女子57kg級の23歳、芳田司(コマツ)だ。

 芳田は、ジュニア時代からのライバルである出口クリスタ(カナダ)との準決勝を延長40秒の内股(技あり)で制すると、決勝では昨年銅メダルのネコダ・スミスデービス(英国)を相手に体落としと小外刈りを決め、合わせ技一本で勝利を収めた。昨年は決勝で敗れて悔し涙に暮れたが、今回は見事に優勝。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

芳田司
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ