話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

東口順昭「4年後は自分が出る」
森保JのGK争いを一歩だけリード。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoki Morita/AFLO SPORT

posted2018/10/16 07:00

東口順昭「4年後は自分が出る」森保JのGK争いを一歩だけリード。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

日本代表のGK争いは、次のフェーズに入った。東口順昭が4年後へのレースで一歩リードしたことは紛れもない事実だ。

東口「4年後は自分が出る」

 一方、「W杯の悔しさはW杯でしか晴らせない」と、4年後に向けてレギュラーを獲ることに決意を新たにした。

「4年後は自分が出るイメージでやっていきます」

 東口の言葉からは、相当の決意が読み取れる。

 それは4年後は36歳になり、主力選手としてW杯に挑戦するのは最後のチャンスになるかもしれないからだ。

 GKというポジションは特殊だ。

 1つしかポジションがなく、レギュラーが固定されると故障や怪我でもない限り、入れ替わることがほぼない。南アフリカW杯からブラジルW杯を経て、ロシアW杯まで東口や西川周作を始め、多くのGKにチャンスが与えられた。だが、結局は3大会とも川島がW杯のピッチに立った。

その監督の初戦で使われたGKは……。

 レギュラーになるためには監督の信頼を勝ち取ることが必要だが、チームが始動するタイミングでのアピールは重要だ。新しい監督の下でファーストチョイスになり、初戦に出ることはレギュラー争いに向けて、少なからず影響があると思われる。実際、川島はザッケローニ監督、西野朗監督の初陣でいずれもピッチに立ち、W杯の舞台でもプレーしている。

 森保監督の初陣では、東口がゴールマウスを守った。

「これで、自分がレギュラーとかは全然考えてへん。次の4年間のスタートラインに立っただけやと思います」

 素っ気ないが、いいスタートを切ったことは間違いない。これを継続していくことが正GKへの道になる。

【次ページ】 最後は自分の判断で勝負するしかない。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東口順昭
森保一
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ