SCORE CARDBACK NUMBER

渡邊&八村がW杯2次予選で躍動。
海外組が日本バスケ界を変える!?
~戦術理解と協調性が噛み合って~

posted2018/10/02 15:00

 
渡邊&八村がW杯2次予選で躍動。海外組が日本バスケ界を変える!?~戦術理解と協調性が噛み合って~<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

アジアの強豪イラン撃破に貢献した渡邊雄太。シュートタッチに苦しんだが、30分間の出場で18得点を挙げた。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 わずか6日間だった――。渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)が、FIBAワールドカップ・アジア2次予選ウィンドウ4の2試合の前に日本代表チーム練習に参加した日数だ。8月上旬にアメリカの査証発給を待っていた間の3日間と、試合直前に遠征先のカザフスタンでチームに合流してからの3日間、合計6日間だけの準備期間で9月13日のカザフスタン戦に臨んだのだった。

 1次予選6試合は大学やNBAサマーリーグに向けての準備のため代表不参加で、フリオ・ラマスヘッドコーチ率いるチームでプレーするのは今回が初めて。準備不足から脆さを見せてもしかたないような状況だった。しかし実際には日本代表は敵地でのカザフスタン戦、そしてホームでの強敵イラン戦の2試合にどちらも2桁点差で快勝し、渡邊も大きく貢献した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

渡邊雄太
八村塁

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ