SCORE CARDBACK NUMBER

不祥事で失墜した信頼の回復を。男子日本代表が負う覚悟と責任。~バスケ4選手の買春、戦力的な影響は少ないが……~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/09/25 07:00

不祥事で失墜した信頼の回復を。男子日本代表が負う覚悟と責任。~バスケ4選手の買春、戦力的な影響は少ないが……~<Number Web> photograph by KYODO

ラマスHCと東野は9月3日の会見であらためて謝罪し、「受け止めて前に進む」とW杯2次予選へ決意を語った。

 この日の会見も謝罪から始まった。9月3日、日本バスケットボール協会は13日と17日に行われるW杯アジア2次予選2試合に向けた男子代表候補24選手を発表。本来、試合に向けての意気込みを語る場だったが、直前のアジア大会中に発覚した代表選手4人による買春問題の影が大きくのしかかっていた。東野智弥技術委員長とフリオ・ラマスHCは「責任を感じている」と頭を下げた。

 事件がなければ明るい話題であふれるはずだった。アメリカで活躍する2選手、渡邊雄太(NBAメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約)と八村塁(ゴンザガ大)が初めて揃って出場できることが発表になった。オーストラリアのNBLブリスベン・ブレッツと契約したばかりの比江島慎も、大会に向けて帰国し、「今までで一番強い日本を見せることができると思う」と自信をのぞかせた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ