大相撲PRESSBACK NUMBER

貴乃花はどこへ行くのか……。
角界で再び巻き起こる不信の渦。 

text by

十枝慶二

十枝慶二Keiji Toeda

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/09/26 17:00

貴乃花はどこへ行くのか……。角界で再び巻き起こる不信の渦。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

記者会見では、愛弟子の行く末を心配する言葉を何度も発していた貴乃花親方。

なぜ貴乃花は審判部に配属されたか?

 とは言え、貴公俊の一件を機に、貴乃花親方が降格処分を受け入れ、「一兵卒」に戻ったことで、そんな状況は改善に向かっていると思っていた。

 そして、貴乃花親方が審判部に配属されたことに、相撲協会幹部の配慮を感じてもいた。

 勝負審判は、自分の部屋の力士に限らず、序ノ口から横綱まですべての力士の相撲を、分け隔てなく、間近で見守る。それは、部屋の枠を越え、すべての力士を「わが子」のように感じるきっかけにもなると期待した。

 土俵下に座る貴乃花親方に観客から送られる温かい拍手や声援も、再生の力になるに違いないと思っていた。

 ところが、今回の引退届提出で、そんな期待は打ち砕かれた。ここに至る経緯について、貴乃花親方と相撲協会、どちらの言い分が正しいのかはわからない。望みは薄いかもしれないが、誤解が解かれ、どんな形にせよ、貴乃花親方が相撲協会に戻ることを願う。

相撲界の「宝」として……。

 忘れられない光景がある。

 貴乃花親方は、かつて指導普及部長だったころ、国技館で少年相撲大会が行われると、朝から晩まで熱心に観戦し、温かい視線を注いでいた。大会後には、少年たちからの求めに応じて、1人ひとりにサインし、握手をしていた。その姿は、相撲に対する無私の愛情にあふれていた。

 たとえ貴乃花部屋の師匠としては難しくても、どんな形でもいいから、相撲協会とつながっていてほしい。

「貴乃花」は相撲界にとって、代わるもののない宝なのだから。

関連記事

BACK 1 2 3
貴乃花
日馬富士
貴ノ岩
伊勢ケ濱
旭富士
貴公俊

相撲の前後の記事

ページトップ