炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープ中崎翔太は無事是名馬である。
控え目な守護神の驚異的な安定感。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/09/15 09:00

カープ中崎翔太は無事是名馬である。控え目な守護神の驚異的な安定感。<Number Web> photograph by Kyodo News

中崎翔太は謙遜するが、26歳にして100セーブを達成した実績は誇っていいものだ。

毎回のように走者を背負っても。

 孤独な戦いを続けられる中崎。

「早く帰ったからといって特別やりたいこともありませんから。誰かとごはんに行っても気を遣うこともありますし」

 あっけらかんと笑う豪快さに器の大きさを感じさせる。

 それでも勤続疲労はピッチングに影響する。今年は本来の切れがなかなか戻らなかったし、「状態はあまり良くはないですね」と調子を隠そうとはしなかった。現状と向き合いながら、その中で最善を尽くしてきたのだ。

 今シーズン登板した59試合中、1回以上を投げたのは56試合。そのうち1人も走者を出さなかったのは14試合しかない。毎回のように走者を背負い、ピンチを招いた。

 見守るファンからするとヒヤヒヤさせられたかもしれないが、それでも29個のセーブを積み重ねられたのは、カープの総合力だけが理由ではない。継続し続ける安定感は、特筆に値するのだ。

「僕はひっそり、目立たないで」

 中崎はプロ入り後、12試合の先発経験がある。ただリリーフ登板は入団2年目から積み重ねた登板数は297試合にも及ぶ。計315回1/3を投げ、防御率は2.22という数字は驚異的だ。10代のときからどんな役割もこなし、安定感を継続させられている何よりの証しといえるだろう。

 広島の3連覇はもう目の前にある。

「僕はひっそり、目立たなくていいです」

 いつもそう口にする控えめな守護神だけが、3年連続胴上げ投手となる可能性を持っている。実現すれば、史上2人目となる。

“三冠馬”誕生か。歓喜の締めくくりとともに、中崎は球史に残る名馬となる。

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

広島東洋カープ
中崎翔太
一岡竜司

プロ野球の前後のコラム

ページトップ