オリンピックPRESSBACK NUMBER

バドミントンの「飛ばない球」問題。
東京五輪のシャトルはどうなる? 

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/09/16 08:00

バドミントンの「飛ばない球」問題。東京五輪のシャトルはどうなる?<Number Web> photograph by AFLO

奥原希望はジャパンオープンの会場でシャトルが飛ばない感覚を指摘している。

シャトルの感覚を得るために。

 野球で例えるなら、毎大会、反発係数が違うボールを使っているようなものです。しかも、会場の環境によって球の飛び方が全く違う……「飛ぶシャトル」が使われているのか、「飛ばないシャトル」が使われているのかを察知し、加えて会場自体が「飛ぶ会場」なのか、「飛ばない会場」なのかを把握しなければいけないのです。

 世界の頂点を極めるには、「ミリ単位」の正確なショットが必要と言われるバドミントン。

 武蔵野の森・総合スポーツプラザで行われる6日間は、今回のジャパンオープン2018の結果だけではなく、2年後に向けて「シャトルの感覚」を得られるか、2年後の東京五輪をいかにイメージできるかが問われるのです。
 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

奥原希望
山口茜
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ