Number ExBACK NUMBER

「夢なのか、現実なのか……」
清原和博は甲子園決勝で何を見たか。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/08/22 12:00

「夢なのか、現実なのか……」清原和博は甲子園決勝で何を見たか。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

100回大会の決勝を観戦した清原和博氏。1985年夏の決勝で2本塁打を放ち、PL学園を優勝に導いた日と同じ8月21日だった。

100回目の夏、1人の人間を救った。

 それでも真っ先に去るべきは自分だということもわかっている。再び暗い通路を出口へと歩いていく。

 ただ、着いた時とは違って、甲子園の空気を胸いっぱいに吸い込んだ表情は澱が洗い流されたように、晴れ晴れとしていた。

 こんな顔をするのは、いつ以来なのだろうか。

「今日まで『甲子園に行きたい』という高校時代のような気持ちで過ごすことができました。リハビリも、トレーニングも、今までにない前向きな気持ちでやれた。僕ね……、昨日、緊張して、ワクワクして、日付が変わっても眠れなかったんです。それでも今朝、6時前には目が覚めてしまった。高校の時の方が、よく寝れていましたよ」

 そう言って、笑った。

 決勝の日。甲子園には虹がかかったという。清原氏はそれを知らない。

 ただ、1つだけ間違いないことがある。100回目の夏、高校野球は、この日この瞬間において、1人の人間を救った。

 100回大会の決勝戦、甲子園にやってきた清原氏は1985年の夏、PL学園のチームメイト桑田真澄氏からもらったというグラブを持参していました。
 8月30日発売のNumber960号では、この日、清原氏が見た景色を巻頭グラビアで掲載するとともに、そのグラブに込められた思いを明かします。
『清原和博 告白』特設ページ

「Amazon」で購入

Number Books

『清原和博 告白』

「自分の人生を振り返って、どこからおかしくなったのかとか、狂い始めたんだろうとか。苦しかったですね……」 覚醒剤取締法違反で逮捕されてから2年。栄光と転落の半生と、自らの罪を悔いながら、鬱病、薬物依存とたたかう日々を赤裸々に綴る。

定価:本体1600円+税特設ページへ

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
PL学園高校
清原和博
金足農業高校
吉田輝星
大阪桐蔭高校
藤原恭大

高校野球の前後の記事

ページトップ