球道雑記BACK NUMBER

愛のムチで“エース候補”が遂に。
本気の二木康太はロッテを救うか。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/12 08:00

愛のムチで“エース候補”が遂に。本気の二木康太はロッテを救うか。<Number Web> photograph by Kyodo News

'16、'17年と2シーズン連続で7勝を挙げた二木康太。井口資仁監督が期待する23歳はさらに成長を果たせるか。

川越コーチの二木に対する情熱。

 昨年オフ、井口資仁監督は今季の開幕投手について、若手を含めた横一線で競争させると明言していた。

 その中には二木康太の名も入っていたし、実際、その有力候補と彼は目されていた。

 しかし、結果は違った。

 開幕投手はFA権を行使して海外移籍を目指したものの、チームに残留した涌井秀章が務めた。井口監督が求めた若手の台頭は、その後の前半戦からも見られなかった。

 川越コーチは続ける。

「たぶん、今までは本気で目指していなかったと思うんです。自分で制限をかけて『僕はこんなもんです、僕はこれくらいで良いです』みたいなやり方だったと思います。でも、僕からしたら、それは本当にもったいないことだと思う。全然、力がない選手だったら話は別で、そこまでのことを僕も求めません。でも、彼にはまだ伸びしろばかりじゃないですか」

 そう話す川越コーチから、二木に対する熱い想いが感じとれた。

2カ月半で徹底的にトレーニング。

 そんな川越コーチの下、二木は5月1日からの約2カ月半、汗を流した。

 ウエイトトレーニングでは下半身を重点的に鍛え、頻度も増やした。同時に食生活も見直して、サプリメントや間食の回数を増やした。すると体重は、二軍降格前よりも増えて、自身のベスト体重まで回復した。

 この2カ月半、自主トレ、春季キャンプをやり直したような形になったのだ。

 すると球速も、決め球のフォークのキレも、本来の姿を取り戻した。

 春先は140キロ前後がせいぜいだったが、7月18日の一軍昇格後は140キロ台後半を連発。7月26日のヤフオクドームでの福岡ソフトバンク戦では7回2/3を4安打1失点、奪った三振の数も12個と快投を見せた。

 続く8月3日の楽天生命パークでの東北楽天戦でも8回を4安打1失点、奪三振10と完全復活。井口監督、そして川越コーチが求めていた二木康太の姿がそこにあった。

【次ページ】 背番号64を身につけるファンを見て。

BACK 1 2 3 NEXT
二木康太
川越英隆
千葉ロッテマリーンズ
井口資仁

プロ野球の前後のコラム

ページトップ