マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

高校野球の私立弱体化と、ある見解。
「殴られて育った兵士的な強さが」 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/07/30 07:00

高校野球の私立弱体化と、ある見解。「殴られて育った兵士的な強さが」<Number Web> photograph by Kyodo News

昨夏の甲子園を経験した松商学園と直江大輔が県大会で敗れる。波乱が多いと言われる今大会の象徴かもしれない。

出場校の半分が公立校になる日も?

 この話、私には結構、説得力をもって胸に沁みてきた。

 高校野球が変わる。そんな予感も、かなり真実味を持ってきた。

 今は、「甲子園」のほとんどが強豪私立。しかしここから10年……いや、スポーツの変化は意外と加速度を帯びることがあるから、もしかしたら、あと5年。

「甲子園」の半分が公立校になって、そこだけ見ると“50年前の姿”に戻っていく。そんなことが、現実にあるかもわからない。

 それがいいとか、悪いとか、そういうことではなく、時代の流れとは実に興味深いものだと、今年100回になる夏の甲子園のここからの“10年”に、さらに新しい楽しみが加わってきたように思っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松商学園高校
直江大輔

高校野球の前後の記事

ページトップ