草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

松坂大輔のいるところドラマあり。
平成ラスト球宴、怪物が何か起こす。 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/07/05 11:30

松坂大輔のいるところドラマあり。平成ラスト球宴、怪物が何か起こす。<Number Web> photograph by Kyodo News

2004年のオールスター第2戦、3回裏、全パのSHINJO(日本ハム)が球宴史上初の単独本盗に成功し、MVPも獲得。

清原との全球ストレート勝負も語り草。

 2005年にはインボイスドームと名を変えたライオンズの本拠地で、松坂は再びマウンドに上がる。全セの4番・清原和博(巨人)との勝負は、暗黙の「全球ストレート」。1回の打席で事件は起こった。

 渾身のストレートと気迫のフルスイングがぶつかった。打球は左翼ポール方向に高く高く上がり、屋根に当たった。当時のルールではインプレー。フェアグラウンドに落ちた打球は、記録上は打点つきの単打となった。

 松坂いるところにドラマあり。「投球が変わることはありません」と球宴仕様とはならないことは宣言した。

 12年前とは立ち位置は変わった。パの強打者を真剣勝負でねじ伏せて、「これからはセ・リーグです」なんて言えるかも。平成最後にして、松坂にとっても最後の球宴となる可能性はある。心して見届けようではないか。

関連記事

BACK 1 2 3
松坂大輔
山川穂高
近藤健介
柳田悠岐
新庄剛志

プロ野球の前後の記事

ページトップ