ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

前回王者の鬼門、初戦で完封負け。
ドイツも“W杯あるある”の餌食に? 

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/21 08:00

前回王者の鬼門、初戦で完封負け。ドイツも“W杯あるある”の餌食に?<Number Web> photograph by Getty Images

メキシコの勇敢な戦いぶりがあったとはいえ、前回王者らしからぬ戦いぶりを見せたドイツ。連覇に向けて逆襲なるか。

レーブは再生の道筋を見つけられるか。

 6月17日、ルジニキ・スタジアムでメキシコが見せた戦いは、スウェーデンや韓国にとっても参考になるだろう。

 そして23日にソチでスウェーデンに敗れるようなことになれば、ドイツは前回のスペイン同様に、2試合終了後に早くもグループリーグ敗退が決定してしまう可能性もある。

 ドイツが統合されてから、W杯の初戦で敗れたのは今回が初めて。名将レーブはロシアで羅針盤を持たずに、再生の道筋を探さなければならない。ニュートラルなファンにとって波乱は歓迎すべきものだが、今大会は予選の段階で複数の優勝候補が消えている。

 優勝候補筆頭の前回王者までもが早期敗退するのは、大会全体の盛り上がりにも影響しそうだが、果たして──。

関連記事

BACK 1 2 3
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ