バレーボールPRESSBACK NUMBER

「一緒に東京五輪を目指そうや!」
男子バレー福澤達哉を動かした言葉。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byNaoki Nishimura/AFLO SPORT

posted2018/06/12 10:30

「一緒に東京五輪を目指そうや!」男子バレー福澤達哉を動かした言葉。<Number Web> photograph by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

全日本男子チーム最年長となる31歳の福澤。2年ぶりに代表に復帰した。

「余裕なんて全然ない。毎日必死」

「日の丸を背負う数少ないチャンスがようやく目の前に来た。そこを取る、取らないは自分自身。

 今年は世界選手権とか、2年後に東京オリンピックと言われますけど、僕にとっては明日が勝負。だから余裕なんて全然ないんです。毎日必死ですよ」

 当たり前だと思っていたことは、決して当たり前であり続けるわけではない。

 だからこそ、先でもなく、過去でもなく、大切なのは今。

「次のシーズンで代表に呼ばれなかったら、それが僕の最後かもしれない。そうなった時に自分がどこまでできていたか、というのを見たいんです。自分が終わりに立った時、どこまでできただろう、と。ここまでやりきってそれでダメなら、というところまでできればいいのかなと思うし、自分の限界がどこなのか。それに対する挑戦ですね」

 明日に続く今日を精いっぱい、がむしゃらに。

 辞めるのを止めてよかった、と心から思えるその日まで。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
福澤達哉
清水邦広
谷村孝
川村慎二
東京五輪
オリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ