F1ピットストップBACK NUMBER

オーバーテイク王リカルドの我慢。
モナコを制した「神ドライブ」とは。

posted2018/06/03 08:00

 
オーバーテイク王リカルドの我慢。モナコを制した「神ドライブ」とは。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

'16年のモナコではポールスタートも、チームのミスで優勝を逃した。2年越しで悔しさを晴らして喜びを爆発させたリカルド。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Hiroshi Kaneko

 オーバーテイクはモータースポーツにとって欠かせない醍醐味だが、後世に語り継がれる名レースの中には、そのレースの主役であるドライバーがまったくオーバーテイクしていないものもある。

 今年のモナコGPも、そういったレースだった。レッドブルのダニエル・リカルドは、ポールポジションからスタートして、一度もトップの座を譲ることなく優勝した。ポール・トゥ・ウィンだったが、完勝ではない。むしろ薄氷を踏む思いで手にした勝利だった。レース中にパワーユニットの一部であるMGU-Kにトラブルが発生し、運動回生エネルギーがまったく機能しなくなっていたのだ。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表によれば、その状況は「'94年のスペインGPのミハエル・シューマッハーのようだった」というほど厳しいものだった。

5速だけで2位に入ったシューマッハー。

 '94年のスペインGPを制したのはデーモン・ヒルだったが、このレースの主役は優勝したヒルではなく、2位のシューマッハーだった。それは、レース途中からギアが5速に入ったまま動かなくなるというトラブルを抱えながら、獲得した2位だったからだ。

 シューマッハーは2速や3速を使用する低速コーナーではエンジン回転数が落ちないようアクセルを吹かしながら、かつエンジンがストールしないように細心の注意と工夫を行なって走行。さらに5速だけでピットストップもこなしたのである。

 その走りは神業といまも讃えられ、歴代最多勝の記録を持つシューマッハーも「勝てなかったが、ベストレースのひとつ」に挙げているほどだ。

 1つのギアだけで戦い抜いたレースといえば、'91年のブラジルGPもそうだった。

 このレースでアイルトン・セナは先頭を走行している中、ギアが次々に壊れるというトラブルに見舞われた。20周目で4速が壊れ、その後3速にも入らなくなり、最後は5速も使えなくなった。2速から6速にギアを飛ばすのは危険だと判断したセナは、レース終盤は6速だけでチェッカーフラッグを目指した。

【次ページ】 セナの全身全霊のドライブは伝説に。

1 2 NEXT
ダニエル・リカルド
ミハエル・シューマッハー
アイルトン・セナ

F1の前後のコラム

ページトップ