サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

武藤嘉紀が代表に滑り込めた理由。
駆け引きと、リラックスのススメ。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/05/29 17:30

武藤嘉紀が代表に滑り込めた理由。駆け引きと、リラックスのススメ。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

ドリブルのイメージが強い武藤嘉紀だが、実は空中戦も大の得意。点で合わせる能力は代表でも光るはずだ。

W杯を意識しつつも、力まずにプレーする。

 日本代表は5月30日のガーナ戦のあと、現在合宿に参加しているメンバーの中から3人が外れることになる。もちろん、武藤もそうした状況が頭にはないわけではない。

「そこで試合に出たら、結果を出さないと漏れてしまう可能性もあるので、意識していないというと嘘になりますけど、でも、あまり力みすぎずにやる。やっぱり、今は力を抜いてプレー出来ていることが結果につながっているので。空回りだけはしないように、いつも通りのプレーをFWとしてやれればいいなと思っています」

 マインツでゴールを立て続けに決めていた時期でも、ハリルホジッチ前監督からはあまり招集されず、ショックを受けたこともあった。ただその期間も、武藤はFWとして、1人の選手としてやれることに集中することを心がけてきた。それがシーズンの最後に実ったのだ。

 代表のライバルたちに負けない、はっきりとした武器をもってロシアW杯で躍動したとしても、不思議ではないのである。

関連記事

BACK 1 2 3
武藤嘉紀
マインツ
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ