セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ユベントスに中指を立てたナポリ。
「最後までスクデットを信じる」 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/04/28 17:00

ユベントスに中指を立てたナポリ。「最後までスクデットを信じる」<Number Web> photograph by Getty Images

34試合を終えてナポリはたったの2敗。リーグ戦残り4試合は中位の難しい相手が続くが、勢いは明らかにナポリにある。

明らかにドロー狙いだったユーベの自滅。

 DFクリバリーの決勝弾は、今季チームがCKから決めた13本目のゴールだった。アマチュア指導者時代からセットプレーの偏執的研究家として知られるサッリの面目躍如だろう。

「自分のキャリアで重要なゴールになると思うよ。トリノで勝つのはとんでもなく難しいことだとわかっていたが、俺たちは最後までスクデットを信じる」

 クリバリーのゴールは、絶対王者ユベントスのゴールだけでなく、カンピオナートそのものを撃ち抜いたのだ。

 翻って、明らかにドロー狙いで決戦に臨んだユベントスは自滅した。

 開始11分で守備の要DFキエッリーニに筋肉故障が発生。早くも急遽DFリヒトシュタイナーとの交代を強いられると、最終ラインからイタリア人選手が1人もいなくなった。ユーベにとっては非常事態だ。

 17分にはMFピアニッチのFKがナポリ・ゴールの右ポストに阻まれる不運もあったが、それ以降ユーベの攻撃は文字通り完全に沈黙した。

 10番を背負うFWディバラはまったくいいところがなく、これまで古巣に手痛い意趣返しを決めてきたFWイグアインはボールにほとんど触れず終い。

 後半のチームシュート数はゼロ。ホームであるまじき醜態で、スタジアムを埋めた4万のユベンティーノたちは呆然とする他なかった。

 ボールを持っても、果敢なハイプレスを絶やさなかったナポリにすぐに奪い返された。

 どんなビッグゲームであってもつねに平常心で構えてきた主将ブッフォンにも、名守護神の余裕が見られなかった。

「ユベントスさんは最近負けが……」

 試合後のミックスゾーンでは、ナポリの切り込み隊長であるFWインシーニェが、すました顔でほざいた。

「お強いはずのユベントスさんは最近負けが込んでるからねえ……」

 最強王者ユーベへの皮肉は、CL準々決勝でレアル・マドリー相手に喫した屈辱的敗戦を揶揄したものだ。

 本拠地トリノでの初戦で0-3完敗。2m27cmの成層圏から放たれたC・ロナウドの圧巻オーバーヘッドに、ユベントスは心を折られた。

 2戦目で奇跡的な挽回を見せたものの、93分にDFベナティアがまさかのPKを与えてしまい、ショッキングな敗退でユベントスの心理状態はズタズタに。退場させられた主将ブッフォンが主審オリバーを口汚く罵ったことで、ユーベの対外的印象もチーム内モラルも急速に悪化している。

【次ページ】 文句のつけようがない勝利なだけに。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ナポリ
マウリツィオ・サッリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ