F1ピットストップBACK NUMBER

F1開幕戦で、驚愕の逆転劇発生!
人間のミスの連鎖が生んだドラマ。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/04/01 08:00

F1開幕戦で、驚愕の逆転劇発生!人間のミスの連鎖が生んだドラマ。<Number Web> photograph by Getty Images

盤石のリードのはずだったハミルトンは、ピットアウトしたベッテル(5番)が自分の前に出たのを見て思わず「僕がミスしたのか?」と無線でうめいた。

コンピューターに予測できなかったもの。

 そのマージンの13秒というのは、VSCモードで走行したときのタイムと、ピットレーンを制限速度で走行したときのタイムの合算だ。だが、その区間には数十メートルだけ、マシンの走行速度が設定されていない区間があったのだ。

 それは本コースからピットレーン入口の間の、いわゆる「ピットロード」と呼ばれる区間だ。

 コンピュータはピットロード区間もVSCモードで走行したときと同じ速度で計算していた。コンピュータにデータを書き込んだのはメルセデスのエンジニアだった。だが、ベッテルはそのピットロードを限界で攻め、コンピュータがはじき出したタイムを上回る速さでピットイン。コースを駆け抜けてきたハミルトンを抑えて、トップのままコースに復帰したのだ。そしてそのまま逆転勝利を挙げた。

 どんなにF1が高度な戦いに進化しても、そこで戦うのはドライバーであり、エンジニアであり、メカニック。人間である限り、ミスは起きる。今年のオーストラリアGPは、まさにそんなレースだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ルイス・ハミルトン
セバスチャン・ベッテル
メルセデスAMG
フェラーリ
ケビン・マグヌッセン
ロマン・グロージャン
トト・ウォルフ

F1の前後の記事

ページトップ