話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

「難しいJ2」で大宮ようやく2勝目。
三門雄大の言う犠牲心は備わるか。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2018/03/29 07:30

「難しいJ2」で大宮ようやく2勝目。三門雄大の言う犠牲心は備わるか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

大前の鮮やかなゴールなどで快勝した福岡戦。大宮はこの勝利で勢いに乗れるか。

J2という「難しいリーグ」で勝ち抜く。

 大宮は、ひとまずトンネルを1つ抜けた。

 福岡戦で勝ち点3を取れなければ泥沼に陥りかねなかったが、チームはファイトする姿勢を貫いて勝利を手にした。

 しかしまだこれで完全に立ち直ったとは言い切れない。これを継続して、大宮のサッカーのベースとしなければ、大前が「難しいリーグ」と表現したJ2で勝ち抜いていくのは難しいだろう。

「このサッカーが1回で終わるとダメなんで。これをベースにして、もっと高いベースを築けるようにやれたらいいかなと思います」(三門)

 開幕前、三門は「劣勢になった時、チームを鼓舞する存在になる。どれだけ引っ張れるかが自分の役割」と言っていた。率先して体を張ったプレーを見せて「お互いを助け合う」ことの重要性を見せた。

 長いシーズン、三門だけではなくチーム全体がその気持ちをどれだけ維持できるか。

 スマートな印象が強い大宮に「犠牲心」が根付いていけば、順位を上げることは困難ではないだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大宮アルディージャ
大前元紀
三門雄大
石井正忠

Jリーグの前後のコラム

ページトップ